LONDON : アート

2012/08/22


初の海外旅行にも関わらずあんまり下調べをせずに来てしまったので、とりあえずひたすら気になったものなどを写真に撮りながら歩いていたのですが、ただ街を歩いているだけでも壁の落書きや建築物、広告などのたくさんのデザイン・アートを見る事ができました!

まずびっくりしたのが美術館のほとんどが無料で入れること!
大きい美術館などは入り口に寄付箱が置いてあります。中に入ると観光客はもちろんですが、家族連れも多く「アートと人・街の距離」がすごく近い気がしました。

ぶらぶら散歩していて、まず訪れた美術館は大英博物館です。こちらの美術館は伝統的なロンドンの建築(外観)とは違ったモダンな雰囲気の空間が中に広がっており、特に自分は入ってすぐの「グレート・コート」と呼ばれる屋根付きの広い中庭が印象的でした。
大英博物館

次にちょっと地下鉄で移動していてたどり着いたのが、テート・モダンです。ブラックフライアーズ駅の近くにあり、大きな煙突があったので気になって向かうと美術館でした。近くに行くと人体模型のアートがお出迎えしてくれ、テンションが上がりました。
テートモダン
中に入るとエントランス?広いロビー?では何やらインスタレーションが行われており、最初は上から眺めていたのですが、写真を撮りたかったので実際に自分も降りてみることに!降りて写真を撮っていたのですが、何人かに「さぁ!君も一緒に!」と声をかけられ、英語がうまく話せないため早々に撤退しました(苦笑)
他にもたくさんの展示物やミュージアムショップがあり、かなり満足度が高かったです。
テート・モダン

そして次はナショナルギャラリーに向かいました。こちらは西洋の絵画が一日じゃ観きれないほど数多く展示されてあり、2時間ほどかけて観れるだけ観て回りました。
ゴッホの『ひまわり』や、ダ・ヴィンチの『岩窟の聖母』などの有名な絵画も数多くあり圧巻でした。『聖母子』を描いた絵画が凄く印象に残りました。
ナショナルギャラリー

ナショナルギャラリーを出た後はナショナルポートレートギャラリーというポートレート専門の美術館へ向かい、エリザベス女王やシェークスピア、ポールマッカートニー等たくさんのイギリスの有名人、肖像画・写真・イラスト・彫刻などを観て回りました。

もうお腹いっぱいだと満足して路地裏をブラブラ歩いているところにたまたま出会ったのが、Mr Brainwash氏のアートショーでした。詳細は不明ですが、とにかくかっこよかったです!Banksyのアートも見たいなと思って来ていたので、鑑賞中はかなり興奮してました(笑)
スタッフに「Are You Japanease?」と声をかけられ、軽く話すと入場料も無料なのに帰りにポスターをくれました。
ロンドン アート グラフィティ
ロンドン アート グラフィティ

地下鉄の案内や広告などロンドンはほんとにデザインも素敵なものが多く、アートやデザインを目的とした旅には凄くおススメしたい都市です。